生理痛がつらいと、薬を服用してどうにかしたいと思ってしまいます。生理痛(月経困難症と呼ぶこともあります)に効くと言う薬は?多く市販されていますが、人によって最も効く薬は違いることでしょうね。ある人にとっては、エスエス製薬のイブが効果が高いけれども、ある人には効かないという事もよく耳にします。それに、同じ製薬会社の生理痛に効果のある薬でも、成分が異なる事も多いでしょう。例えば、ノーシンの場合、ノーシンにはアセトアミノフェンが配合されていますが、ノーシンピュアにはイブプロフェンが配合されています。また、生理痛(非常に個人差があり、ほとんど感じない人もいれね、日常生活を送ることすらままならない人もいます)に効果がある薬は痛くなってから飲んでも効きが悪いかもしれませんね。毎月、生理痛(婦人病が原因となっていることもあるでしょう)で苦しんでいるのであれね、痛みが出そうな時に前もって飲んでおくといいかもしれません。鎮痛効果が期待出来る薬は胃に負担をかけてしまう事が多いので、食後に飲むようにするというのも重要なのです。毎月、あまりにも生理痛(月経困難症と呼ぶこともあります)が酷い場合には、産婦人科で原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)を確かめてみましょう。子宮内膜症や子宮筋腫などと言った婦人病が原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)なら、治療が必要なんですし、市販されている生理痛(月経時に感じる痛みのことです)の薬ではほとんど効果がないでしょう。それに、生理痛(婦人病が原因となっていることもあるでしょう)に効く薬を薬局で購入し続けるよりも、医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)の処方して貰う方が安上がりになる可能性が高いでしょう。生理痛(非常に個人差があり、ほとんど感じない人もいれね、日常生活を送ることすらままならない人もいます)の原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)によっては、ピルを飲むことによって痛みが軽減出来るようになっていますし、坐薬でなければ効果が実感できないと言うこともあります言う事もあります。市販薬で生理痛(月経困難症と呼ぶこともあります)に効く薬がみつからなかったら、お医者さんに相談してみて下さいー